安全・安心まちづくり

江川水害に備える市民の会、江川水害対策会議、寺尾自治会の連名のもと、頻発する内水被害に対する抜本的解決策の要望書を国土交通大臣、国土交通審議官、水管理・国土保全局長あてに要望書を提出して参りました。

谷岡先生 先生のおかげで、少しずつではありますが、でも確実に前進出来ているような気がしています。 また地域の方や関係者の方の意識も、少しずつ確実に変わり始めています。先生のおかげです。本当にありがとうございます!!

本日2020年8月28日(金)に埼玉県庁にて、江川水害対策会議・谷岡康河川工学博士、中野英幸県議会議員、深谷顕史県議会議員、山根史子県議会議員、守屋裕子県議会議員と共に、 大野元裕埼玉県知事宛の「川越江川下流域における浸水被害再発防止に関する要望書」を中村一之県土整備部長に提出いたしました。 〇日 時: 8月28日(金)午前10時 〇場 所: 埼玉県庁第2庁舎2階 県土整備部 〇手交先: 中村一之県土整備部長 谷岡康(江川水害対策会議・河川工学博士) 永井彰(江川水害に備える市民の会) 佐々木公香(江川水害に備える市民の会) 金子将(江川水害に備える市民の会) 中村幸成(江川水害に備える市民の会) 渡邉弘子(川越市寺尾自治会・会長)会長 1.川越江川流末から寺尾調節池への導水路新設【即時対応のこと】 2.九十川排水機場及び上流ポンプ場の運転調整【即時対応のこと】 3.令和元年台風19号内水浸水検証委員会の設立 4.水防事務組合の設置及び指定水防管理団体への指定、伴う水防計画の策定 5.流域水害対策計画の策定 6.「100mm/h安心プラン」への登録 7.新河岸川ブロック(埼玉県指定区間

江川水害対策会議主催「逃げ遅れ0施策」講演会及びパネルディスカッション(川越江川水害対策緊急要望等)につき、新聞記事で報道されました。またJCOMでも報道されました。

平成10年激甚災害特別緊急復旧事業により設置された、川越江川対岸の九十川排水機場及び、周辺土地利用、低平地の視察を行った。

7月18日(土) 「水害と逃げ遅れゼロ施策」講演会& 「今年の豪雨にそなえよう」 ・川越江川の現場と水害対策 ・コロナ渦の中での避難、避難所 埼玉大学の田中則夫教授の「水害と逃げ遅れゼロ施策」講演会 逃げ遅れゼロのためにマイタイム・地区タイムラインの必要性の話や避難の種類についてお話し頂きました。 パネルディスカションは 被災者の永井彰さん・検証委員会の座長の埼玉大学の田中則夫教授、江川水害対策会議のメンバーで、地区防災計画学会会員の工学博士の谷岡やすしさんをパネラーに、2017年の台風21号の被害を受けた時、一早く現場(寺尾)にボランティアに入っていただいた、長岡技術科学大学の木村悟隆准教授にコーディネイターにお迎えして「今年の豪雨にそなえよう」と、-熱のこもった話し合いがされました。(川越市議記す)

 水防災をとりまく法制度につき勉強会、及び7/18講演会の最終準備打ち合わせを川越市議、ふじみ野市議、ふじみ野市社会福祉協議会、被災者代表と4時間にわたり行いました。  勉強会においては、講演会以降の行政との連携した「水害に強いまちづくり」についてのシナリオについて話し合いました。

 埼玉大学田中規夫教授をお招きし、谷岡の緊急江川水害対策の説明、田中先生のアドバイス、質疑応答を3時間にわたり行いました。被災者の皆さん、寺尾自治会、元福岡自治会の方と積極的な意見交換がなされたと思います。会場はコロナ感染対策のため、十分な間隔、消毒、検温など最善の配慮をして頂きました。

6月20日開催の川越市寺尾地区、ふじみ野市元福岡地区、被災者、両市市議の合同勉強会につき、講演資料を作成しました。勉強会には埼玉大学田中教授の参加、アドバイスを頂く予定です。

埼玉大学大学院理工学研究科、田中則夫教授を訪ねて、川越市議、ふじみ野市議、被災者代表寺尾地区永井氏と、川越江川下流部浸水対策緊急要望につきご相談にあがりました

さらに表示する