せたがや災害に備える会発足、参加者募集

 

第1回話題提供「都市水害の話」谷岡やすし

 多摩川沿い氾濫低平地のみならず、武蔵野台地でも水害は発生しています。

 

たすけあい、共助で防災・減災

 

以降、毎月第4土曜日に継続開催

 

「出来ることから出来るだけ」

 

★八王子安心まちづくり活動開始します。協働団体、仲間募集!

 

 NPOかわせみGの事務所八王子市移転を契機に、八王子市にて防災まちづくりを始めます。

 

 いかに、市民から防災計画を策定、促進していくか、

八王子市の安全・安心まちづくりに協働頂ける方を募集しています。八王子市民、市内大学生も歓迎です。

●西日本豪雨災害復旧支援活動を継続します(令和元年度)

 

 平成30年7月に発生した西日本豪雨災害の傷跡は未だ癒えず、春先を迎え、被災地ニーズも増加傾向にあります。

 我々は、年度をまたいでも、変わりなく一歩づつ、倉敷市真備町の復旧・復興に対する支援活動を継続します。

 

 活動の様子は、ブログ(災害復旧支援活動)をご覧ください。

●”せたがや安心まちづくり” を始めます

  世田谷区を舞台に、地域区民とともに、水害に強いまちづくり、地区防災計画【風水害編】策定に挑戦します。これをきっかけに地区防災計画【震災編】の実のある更新に繋がればと思います。

  まずは、「都市型水害のはなし」をさせて頂き、水害に対する危機管理意識の醸成を行います。世田谷区民の皆さまには、ご協力、協働を宜しくお願いします。

■嘉田由紀子氏 Facebookにてご好評頂きました

防災・災害ボランティア かわせみ」さんの、谷岡康さんと稲垣一郎さんたちの活動を知りました。東京の密集地帯などでの水害死者を防ぐための方策として、「地区計画」をつくっている「防災・災害ボランティア かわせみ」さんの活動はまさに、流域治水での「そなえる」仕組みそのものです。「浸水危険区域」を「浸りDAS(HitariDAS)」として、その地図をもとに水防活動を徹底しようという活動です。名付けも見事です。


●NPOかわせみGの案内ちらしを作成しました



●西日本豪雨災害復旧支援活動(平成30年度)活動報告書